2f595c547cbfd4da8479813c26a87576_s

オオサカ堂は医薬品の個人輸入代行を請け負う会社です

日本では、医薬品医療機器法(旧薬事法)で認められていない医薬品を販売したり、譲り渡したりすることを禁じています。

外国に極めて有用な医薬品があったとしても、日本国内で承認されたもの以外は、これを輸入して医師が患者に使ったり、薬局で販売することは出来ません。

ただし、個人が輸入し、自身に限って使用することは認められています。

これは、日本人が海外旅行に行った際に受けた薬物治療を継続する必要がある場合や、逆に、海外からの旅行者が常備薬として携行する場合などに配慮したものです。

日本では承認されていない医薬品が口コミや海外ニュースなどから効き目があるという情報を耳にした場合、その病気に悩んでいる人は、その薬品を手に入れたいと考えます。

一時話題を呼んだバイアグラがこの例です。

アメリカでバイアグラが発売され、その効き目を耳にした日本人が個人輸入に走り、一部は不正なルートで販売されるケースもありました。

なお、バイアグラはその後、医師の処方箋が必要な『処方箋医薬品』として承認され、現在はジェネリック医薬品が流通しています。

個人の輸入は適法であり問題はないのですが、実際に海外の製薬会社や薬品会社に注文し、希望通り入手するのは、実際のところ困難が伴います。

特に、商品が届かない場合などは、照会や折衝が必要となり、相当の語学力も必要になります。

このような個人輸入を行う際、役に立つのが、オオサカ堂のような個人輸入を代行してくれる会社です。
『オオサカ堂』は海外に関連会社を持ち、長年にわたって、安定したサービスを続けています。「代行」サービスですから、ユーザーから受けた注文を海外の製薬会社等に連絡し、商品はそこからユーザーに直接送られるという仕組みです。

オオサカ堂は主に医薬品や化粧品の輸入代行サービスを請け負っています。

JCBやアメックスカードが使えるのは安心のステイタスです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *